NHK大河ドラマ「黒田官兵衛」について

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」を見ています。
この軍師官兵衛が、今、面白い場面を迎えています。

「軍師官兵衛」の主人公「黒田官兵衛」は、戦国時代の武将の一人です。
織田信長や豊臣秀吉の天下統一を助けし、多くの戦で指揮を取る軍師です。

ドラマでは、黒田官兵衛の周りで起こる様々な人間関係が描写されており、とても面白い内容に仕上がっています。

中でも日本史の謎と言われている「本能寺の変」は、見ている人が鳥肌が立つような場面です。

歴史的には、なぜ明智光秀が、突然、主君・織田信長に対し謀反を起こしたのかが謎とされています。
その説には、様々な説があるため、「日本史の謎」と、言われています。

織田信長は、有名な「鳴かぬなら 殺してしまえ ほととぎす」とうたわれる程、厳しい人間でした。
その厳しさは、織田信長と対立していた六角義治をかばった恵林寺を焼き討ちにしたり、謀反を起こした荒木村重の周りの者を殺してしまうなど、織田信長に睨まれた人は、ことごとく殺されてしまう程です。

ドラマ「軍師官兵衛」では、織田信長の非人道的な態度に対し、明智光秀が不信感を持ち、本能寺の変を起こしたという流れで描かれています。

その描写は、荒木村重の謀反を含めて、織田信長に対する家臣の恐怖が描かれていて、戦国時代の人間模様が良くわかります。

今回、「本能寺の変」が起こります。

明智光秀を演じる役者さんは、これまで明智光秀を演じて来て、いよいよ名台詞「敵は本能寺にあり」を言う訳なので、気持ちが高ぶってしまったと思います。
その名場面をしっかり見届けておこうと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ