泣くなら一人でこっそり泣けと思う

荷物の整理をしていると、小学生の頃の卒業アルバムが出てきた。
卒業と言うと、皆泣いているイメージがあって、自分も同じように泣くんだろうかと思っていたけど、そんなことは全然無かった。

そもそも人前で泣くと言う事が恥ずかしいことなので、何があっても誰かの前で泣くなんて事は無かったし、周囲が泣いていると逆に引いてしまうタイプだった。
学校自体にもあまり良い印象を持っていなかったので、卒業は悲しいことでなく、もう学校に行かなくて良いと言う喜びのほうが大きかった。
それは中学高校とも変わらなくて、結局卒業式では涙一つこぼす事もなかった。

と言うかなんで泣くのか未だによく分からなかったりする。
友達と別れるのが辛いとか言う人もいたけど、その気になればいつでも会えるだろうに。
そりゃあ子供の頃、小学生時分等は永遠の別れのように思えてしまうかもしれないだろうけれど、さすがに高校卒業時にはそのくらいのことでいちいち悲しくなったりしなくても良いと思う。

泣くと言う行為は、気持ちをリセット出来るのでたまには泣いた方が良いと聞くが、だからと言って人前で号泣するのはやはり違う気がする。
何でもかんでも我慢する事が美徳とも言わないけど、大人であるならば自分の感情をコントロールした方がいい。
考えの無い子供のようにギャアギャア泣き喚くなんて、恥であると同時に自分に対する信用や評価が下がってもおかしくない。
少なくとも私は、衆目のある場所で無様に泣き叫ぶような人間は信用しない。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ