カードローンのキャッシングを申し込む前に知っておきたいこと

カードローンのキャッシングを申し込む際、1つ知っておきたいことが総量規制に関することです。消費者金融などでお金を借りる場合、一社から50万以上ないしは複数の会社から100万以上の枠を作った場合、年収証明書を提出しなければいけなくなります。

また、この規制により、年収の1/3以上のお金を借りる事はできません。年収というのは転職したり失業したりといった事情で変わっていくものなので、消費者金融でお金を借りる際はこの点に注意しておかなければいけません。

しかし、銀行のカードローンであれば、年収証明書の提出は原則として不要です。ですから、年収証明書をあまり提出したくない人は、銀行のカードローンを利用するのも一つの手段です。銀行のカードローンはネットから申し込みできるところが多く、審査の結果も即日ないしは翌日には連絡が来るところがほとんどです。ですから、急にお金が必要になった場合でも、気軽に申し込むことができるのがメリットとなっています。

ただし、一般的には銀行のカードローンより消費者金融のカードローンの方が審査には受かりやすくなります。ですから、小額を借りるのなら消費者金融で、ある程度まとまった金額を借りるのならは銀行のカードローンを利用する、といった具合に、両方を使い分けて利用するのも賢いお金の借り方ということができます。

また、これは消費者金融と銀行カードローンのどちらにも取り入れられているサービスですが、最近は来店不要でネッットでの手続きだけでキャッシングができる会社が増えてきていますので、それらの会社を押さえておくことによって、例えば家から外出できない状況でも自宅で借り入れを行うことができます。

このように、お金を借りるには規制や色々な事情が絡んでくるので、申し込む前にネットなどでしっかり情報収集しておく、という行動が、とても大切なこととなってきます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ